美容暮しは、美容整形外科とダイエットをして暮したら東京港区品川か高須クリニックを考えよう

マイクロレーザー法

マイクロレーザー法 ワキガ、多汗症の原因となるアポクリン汗腺、エクリン汗腺にヤグレーザーを150mJ、60Hzで照射することにより、汗腺を燃焼させ確実な効果を発揮します。

メスを使用せず、直径1mmの注射針状のレーザー先端を毛根部に差し込んで汗腺を直接照射するので、傷跡が残る心配はありません。翌日から支障なく日常生活に復帰できます。

レーザー先端を差し込む際の痛みは、リラックス麻酔を使用して抑えることができるので、無痛治療が可能です。

ワキガ・多汗症を理解しよう

▼ワキガとは? 別名「臭汗症【しゅうかんしょう】」「腋臭症【えきしゅうしょう】」ともよばれている、特別強いニオイ(すえたような酸っぱいニオイ)を発する症状ですが、決して病気ではありません。
 ワキガはアポクリン汗から発生するニオイで、多汗はエクリン汗が大量に放出される症状を指します。

▼スソワキガとは? 聞きなれない言葉かもしれませんが、股間部(会陰部)からワキガ臭を発する症状をスソワキガといいます。

▼多汗症とは? 多汗症を大別すると、ワキガ型と2種類があります。
多汗症ではありません。
多汗症治療法には、制汗剤や交感神経切除、抗コリン剤や抗不安剤の服用、緊張をほぐして気持ちを鎮めるための心理的療法などがあります。多汗症や、更年期障害におけるホットフラッシュ(のぼせ)によって起こる多汗症(ホルモンバランスの崩れから自律神経の働きが乱れ、体温調節機能がうまくいかなくなる)があります。

加齢臭を予防

加齢臭を予防するためには、加齢臭の原因の一つとされる皮脂中の過酸化脂質を減らす必要があります。タンパク質は、加齢臭に限らず体のニオイの原因になります。

それから加齢臭の原因となる余分な脂肪分などの原因物質を腸内に溜め込まないように、植物繊維をたっぷりと含んだ緑黄色野菜をしっかりと摂って下さい。

体の中から、加齢臭を除去するのです。食事を避け,野菜をしっかり摂る食生活は、加齢臭に限らず体のニオイの予防には効果があります。

香水のつけ方

香水のビンを開けたときのかぐわしい香りには、きっと誰もがときめくことでしょう。 でも、香水のつけ方を間違えると、せっかくの匂いが変わってきます。

まず、シャワーから出たてのときなど、お肌がきれいなときにつけましょう。そうでないと、香水は、汗の匂いとまざってしまいます。

香水を香らせたい30分ぐらい前が、 つけ方のタイミングといわれます。 トップノートより、ミドルノートが香るくらいの時間に合わせてつけておくとよいそうです。

では、量はどのくらいがよいでしょう。 つけ方のポイントは、パルファン(香水)は点、オー・ド・パルファンは線、オー・デ・コロンは面で、お肌を湿らせる程度につけるとよいといいます。

香水のつけ方としては、わきの下などの汗をかきやすいところは避けましょう。 体温の高くて、大きな血管のあるところが、よい香りになるといいます。 例えばひじの内側は、良い感じで揮発します。

体温の低い耳たぶはあまり効果がありません。 しかし、耳の後ろや、首筋につけるのは効果的です。

匂いが強い香水のつけ方は、 足首などの下半身につけると、香りが下から上に蒸発して、まろやかになっていきます。

ワキや足、局部等のニオイ

ワキや足、局部等のニオイの気になる部分は、お風呂でしっかり洗っても お風呂から上がった直後からニオイを放ち始めます。

ミョウバンせっけんはお風呂で身体を洗った後に、気に部分(ワキ・足・局部)を洗う事でニオイの元になる雑菌の制菌、制汗、消臭を身体を弱酸性に保つ事で雑菌が繁殖しにくい環境に清潔に保ちます。

多汗症にお悩みの方にも最適です。
このページのトップに戻る
|美容暮しのトップ |スリム |ダイエット |二重瞼 |プチ整形 |フェイスライン |美鼻 |バストアップ |艶やかな肌 |若返り |ワキガ・多汗症 |エクステンション |脂肪吸引 |審美歯科 |ボディライン |美容暮し |
Copyright 2006 美容暮し:ワキガ・多汗症を治してニオイのない暮し All rights reserved.